Review

駐車場シェアリングを使う前に知っておきたいトラブル解決方法

駐車場シェアリングのトラブル

駐車場の予約サイト(駐車場シェアリング)を使う時に稀にトラブルがあると聞いたので起こりそうなトラブルをまとめてみました。

駐車場シェアリングで利用する駐車場は整備されているコインパーキングと違って個人宅だったり、空き地だったりするので利用する際は少し注意が必要です。

私もこの前利用した時は隣との間隔が狭くギリギリの場所に駐車したのでぶつかりそうになったので。

事前に対応が分かっていればすぐに対応出来るものばかりなので予約した時にトラブル対応も合わせて確認しておきましょう。

駐車場の予約サイト(駐車場シェアリング)のトラブル

駐車場の予約サイト(駐車場シェアリング)を使う上で起こるトラブルと解決方法を紹介します。

先に書いておきますが頻繁に起こるトラブルではありません。万が一の場合に備えて知っておきたい方法を書きます。

[1]予約した場所に車が停まっていた

駐車場シェアリングのトラブル

駐車場トラブルで一番多い事例がこれです。駐車場に行ったら予約の場所に車が停まっていたケースは稀にあるみたいです。

現場に着いて駐車場に停められないトラブルが起こったら予約した意味がないですよね。かなり焦ってしまいそうです。

そんな時の対処法は各サービス電話の窓口があるので必ず電話をして対応を聞いてください。

近くのパーキングに案内されるなど対応して貰えますよ。

駐車場シェアリングはネットで完結するサービスですが各社サポート窓口は設けているので困ったら電話で相談しましょう。

トラブルで電話をかける際は、自分の予約番号や相手の車のナンバーなどを伝える必要があるので事前にチェックしておくとスムーズです。

各サイトのサポート窓口はコチラ。

akippa 0120-218-216 (24時間対応)
タイムズのB 0120-8924-48 (24時間対応)
トメレタ駐車場 0120-558-991 (24時間対応)
特P 0800-800-7808 (24時間対応)
軒先パーキング 03-6869-3003

(平日:9:30~18:00 土日祝9:00~17:00)

EPARK駐車場 0120-710-189 (10:00~20:00)

Webサイトに掲載されている受付時間を書いていますが24時間対応の方が安心感はありますね。

タイムズのBとかは1日単位で借りるサービスなのでこのトラブルは少なそうです。

 

[2]家の塀や隣の車などを傷つけてしまった

駐車場シェアリングのトラブル

コインパーキングとは違い整備されていない場所も多いのが駐車場シェアリングなので駐車の際に塀を傷つけたり、物を破損してしまうなど起こる可能性があります。

そんな場合の対処は1つ。自ら保険会社や警察に電話をして対処をして下さい。

 

残念ながら、駐車中の事故や破損などに対しては各サービスとも一切責任を負わないと利用規約に書かれていました。

駐車場を貸しているオーナー側も同様に責任は負わないと書かれているので自分で対応するしかないです。サポートはして欲しいんですけどね。破損や自己は自己責任なので気をつけて利用しましょう。

駐車場シェアリングは「個人宅の駐車場」や「道が狭い駐車場」の場合もあり実際行ってみないと分からない事も多いです。

予約する時は口コミなどを活用して駐車しやすい場所を選ぶことをオススメします。

 

[3]時間までに出庫出来ない

時間で予約をしてる場合に起こるトラブルがこれ。

指定の時間を過ぎてしまう場合は最悪レッカー移動させられる事もあるので注意が必要です。

もし時間に遅れる場合は必ずサポートセンターに連絡しましょう。連絡がないままだと無断駐車となるので強制的に移動させられる可能性があります。最悪の場合レッカー代の請求とかくるらしいです。

 

akippaは1度だけ時間の延長が可能(予約ページから変更する)が出来るのでakippaで予約した方はギリギリだったら延長しましょう。

ただし、後の時間に予約が入ってれば延長が出来ないので早めにサポートダイヤルに電話をする事をオススメします。

 

[4]駐車場の場所が分からない

駐車場シェアリングのトラブル

近くまで来たけど駐車場の場所が分からないケースもあるみたいです。私も駐車場を見つけるまでは不安だったので電話をかけたくなる気持ちも分かります。

しかし、サポートセンターは助けてくれないので自力で探すことになります。

カーナビだと近くで案内を終了されるケースがあるので、不安な方はGoogleMAPで行くことをオススメします。各サイトともGoogleMAPを推奨していたので。

 

 

以上が駐車場シェアリングのトラブルと解決方法の紹介です。

サポートに電話して助けて貰うか、自力で対応するかの2択ですね。

電話番号が分かっているだけでも安心感が違うのでトラブルにあったらこのページを参考にして貰えると嬉しいです。