キャンプ用品

DODチーズタープの3つの魅力!ポリコットン素材のタープは最強!

DODから発売されている「チーズタープ」がかなり魅力的なので今回はチーズタープの魅力を語り尽くしたいと思います。

タープは各メーカーが多くの種類を出していますが、5種類の張り方があり、丈夫なタープはDODチーズタープ以外はないんじゃないでしょうか。

そんなチーズタープの魅力を3つ紹介します。

チーズタープの3つの魅力とは

チーズタープはカマボコテント用に作られたタープで、チーズタープと連結して広々とした快適な空間を作り上げることができます。

カマボコテントとチーズタープの組み合わせをチーカマスタイルと言うんですよ。ネーミングが素敵だよね。

シンプルなデザインなのでカマボコテント以外のテントでも合わせやすいので万能型のタープです。

そんなチーズタープの魅力はこの3つ。

[1]サイズが大きい

まず1つ目はサイズの大きさ。

発売されているサイズは2種類ありますが、通常のチーズタープは5m×5mとかなり大きめのタープです。

ファミリーやグループなどで大人数でキャンプする時にぴったり!

タープ単体で組み立てることも出来るし、カマボコテントやタケノコテントなどの大型テントと連結することで快適に空間を作り上げることができます。

私はカマボコテント2を使っているのでテントを覆い隠すことが出来るのが一番いいですね。このレイアウトがやりたいんです!!

画像:DOD

雨の日にタープがなくて困ったのでカマボコテントとチーズタープの組み合わせで設営すれば快適に過ごせること間違いなしです。

タケノコテントと連結するとこんな感じ。ものすごくカッコイイですねよ!

画像:DOD

現在発売されているカラーは

  • ベージュ
  • ブラック
  • タン

の3種類です。

小さいサイズの「チーズタープミニ」もあるのでカマボコテントミニを使っている方はミニがぴったりですよ。

[2]5種類の張り方

画像:DOD

私が一番魅力を感じたポイントがこれ。

貼り方が5種類あり、その日のレイアウトによって形が変えられるのがチーズタープの魅力です。

なぜ5種類も張り方を変えることが出来るかというと、ポールを通す穴(グロメット)が16個もあるんです。これが様々な形に変えられる理由なんですね。

画像:DOD

 

[3]丈夫なポリコットン素材

3つ目の魅力はポリコットン素材。(ポリエステルと綿を合わせた素材)

ポリコットン素材は燃えにくい素材なのでチーズタープの下で焚き火をして火の粉が当たっても穴が開きにくいのが特徴です。

安心して焚き火が出来るからこれは助かります。

また、耐水性は350mmとかなり少ない数字ですが、ポリコットン素材は水を吸い込む事で繊維を膨張させて隙間をなくす特徴があります。

そのため、大雨でも雨漏りせずに水を弾くことができているんです。素材を活かした使い方ですね。耐水性が低いからといって雨で使えないわけでは無いので安心してくださいね。

雨が降ったらタープは水を含んで湿っているのでしっかり乾かさないとカビになるので気をつけてね。

以上がチーズタープの3つの魅力でした。

タープの購入を悩んでいる方はぜひチーズタープを検討してみてね。