秩父

2020年版|清雲寺のしだれ桜は凄い!樹齢600年の風格は圧巻です

清雲寺のしだれ桜

埼玉県秩父市荒川にある清雲寺はしだれ桜の名所として有名で、夜のライトアップは幻想的で美しいですよ。清雲寺の中でも樹齢600年のしだれ桜があり埼玉県の天然記念物に指定されています。

2020年は3月26日から4月8日まで公開しており、ライトアップは3月27日、28日、4月3日、4日の4日間18時から20時30分の間に開催されます。

ここまでしだれ桜が多い場所は珍しいのではないでしょうか。迫力がある桜を味わう事が出来る清雲寺を紹介します。

清雲寺の桜

清雲寺のしだれ桜

清雲寺には30本の桜が植えられており境内にはしだれ桜の「エドヒガンザクラ」「秩父紅しだれ桜」が咲き誇ります。咲く時期が少しずれるため、同時に満開になることはないのですが、清雲寺の30本の桜は品種によって色が違うのでグラデーションがかかっているみたでキレイですよ。桜を長く楽しめるのでいいですよね。

また、荒川上田野地区は、毎年春になると清雲寺以外でも、「札所29番長泉院」「昌福寺」の3か所で「しだれ桜」が咲き誇ります。この3か所は、歩いても約2.3kmと近い場所にあるため、清雲寺に来た際は合わせて見てくださいね。

ライトアップも幻想的

清雲寺のしだれ桜はライトアップもありますよ。満開の時のライトアップは幻想的!

2020年のライトアップ期間

3月27日(金)、28日(土)、4月3日(金)、4日(土)の4日間

時間は18時から20時30分の間に開催されます。

アクセス

清雲寺のアクセス方法はこちら。

車の場合

秩父市内から距離があるので車でいく事をオススメします。

住所 〒369-1802  埼玉県秩父市荒川上田野690
アクセス 関越道花園ICから国道140号経由で約50分

駐車場は民間の駐車場があり500円で停める事が出来ます。

電車の場合

秩父鉄道の「武州中川駅」から徒歩15分です。駅降りても周りに何もないので。

ライトアップの時は道が暗いので気をつけてください。

天然記念物の桜はやはり桁が違う

東京の桜や秩父の桜をたくさん見てるけど、清雲寺の桜はやっぱり別格ですね。

歴史がある事が1番だけど、こんなにもたくさんのしだれ桜を見れる場所って少ないんじゃないかな。「しだれ桜ってこんなにきれいなんだ」と心から思ったから。ぜひ満開の時に見に来てくださいね。